世界各国のムダ毛処理事情はどうなっているのか?

日本でも無駄毛の処理は積極的に行われています。

 

一方で、世界は無駄毛の処理はどうしているのか、といったことも気になりますよね。

 

こちらでは、世界各国では無駄毛の処理はどのように行われているのか、といったことについて解説します。

 

・ヨーロッパ
・アメリカ
・中国
・中東

 

について詳しく調べてみました。

 

 

■ヨーロッパのムダ毛処理事情とは?

 

・ヨーロッパではあまり定着していない

 

ヨーロッパの一つの文化として、「ありのままが美しい」といったものがあります。

 

ですから、無駄毛の処理については、後進国だったんですよ。

 

しかし、近年では、スーパーモデルや俳優、といった幅広い方が無駄毛の処理をしています。

 

また、ヨーロッパといっても国も多く文化も大きく異なります。

 

ムダ毛処理が盛んな国もありますし、それほど熱心ではない人もいるのです。

 

ヨーロッパについては、ムダ毛は許容されている文化がある、と考えておいて間違いなさそうです。

 

 

■アメリカの無駄毛の処理事情とは?

 

・世界をリードするムダ毛処理大国

 

経済大国のアメリカですが、無駄毛の処理でも最も進んでいる国です。

 

そもそも、ムダ毛を処理するのが身だしなみ、といった考え方を持っているのです。

 

処理していないのは、社会人としてのマナーがなってない、と感じる人も多いんですよ。

 

特にアメリカの無駄毛の処理で特徴的なのがアンダーヘアです。

 

すべての陰毛を処理するハイジニーナも実施していますが、男性でも処理している方が多いのです。

 

アメリカ人男性は、脇の下の脱毛も行っています。

 

男性でもムダ毛があると、不潔と思われてしまうのです。

 

 

■中国の無駄毛の処理事情とは?

 

・日本と非常に似通っている

 

それほど無駄毛の処理については関心がなかったのですが、近年になって大きくその考え方は変化しています。

 

特に、近年では都市部を中心に処理する文化が広まりつつあります。

 

若者の間では、ムダ毛を処理するのがトレンドとなっているのです。

 

今後は、女性だけでなく男性にもムダ毛処理の文化が広まるのでは、と言われているほどです。

 

 

■中東の無駄毛の処理事情とは?

 

・無駄毛の処理を積極的に行っている!

 

中東の男性と女性は、宗教的な意味も含めてムダ毛を処理しています。

 

また、中等に関しては気候的な理由から毛があると白みがつきやすい、といった環境も影響しているのです。

 

男性の髭は宗教的な理由から伸ばしていますが、その他の部位は処理しているケースが多いですよ。

 

中東の女性は、全身のムダ毛の処理をしているケースが多いです。