かみそりは肌荒れしてしまうので要注意だ!

ムダ毛の処理方法として、最もオーソドックスなのがカミソリです。

 

T字カミソリで、毎日の処理をしている人もいると思います。

 

そんな方に注目して欲しいのが、カミソリ処理のデメリットです。

 

あまり考えていない人もいるのですが、お肌に大きな問題を残してしまうこともあるんです。

 

カミソリによってお肌がどうなってしまうのかを詳しく解説します。

 

 

■出血してしまうこともある

 

・カミソリで繰り返し処理するとお肌も弱ってしまう

 

男性の髭の処理と同じような状況になってしまうかもしれません。

 

何度もカミソリでお肌を処理していると、お肌が出血しやすくなってしまうのです。

 

特に、繰り返し処理している部位は、ちょっとした事でカットしてしまうこともあります。

 

出血してしまうと、傷跡がしばらく残ってしまうかもしれません。

 

また、かさぶたなどが残ってしまうのです。

 

しばらく、その部位の処理ができなくなってしまうので、ムダ毛が残ってしまう、なんて状況になるかもしれませんよ。

 

 

■炎症を起こしてしまうこともある

 

・カミソリ負けをしてしまう

 

無駄毛の処理として、カミソリを使うと最も起こりやすいのがカミソリ負けなのです。

 

カミソリの刺激によって、お肌が敏感肌のような状態になってしまいます。

 

無駄毛の処理をするごとにその部位の肌が赤くなってしまうかもしれません。

 

真っ赤になってしまえば、それだけでも容姿的に大きなマイナスになってしまいますよね。

 

カミソリ負けは、女性の脇毛の処理でもよく起こります。

 

もしもカミソリ負けをしてしまうと、脇の下の場合はノースリーブが着られなくなってしまいます。

 

さらに、色素沈着をおこしてしまうかもしれません。

 

美白を目指している女性にとっては大きなダメージを背負ってしまうことにもなるのです。

 

 

■埋もれ毛を引き起こしてしまうこともある

 

・お肌の中に毛が入り込んでしまう

 

埋もれ毛とは、毛穴を傷つけてしまうことにより肌にかさぶたが出来る事によって引き起こされます。

 

毛穴がかさぶたによって閉じられてしまうと、毛が出てくる場所をなくしてしまうのです。

 

その結果、毛が皮膚の中に入り込んでしまい、その部位の肌が黒く見えてしまいます。

 

毛は皮膚の中に有るので、処理はできませんよね。

 

いつまでもお肌の中に有るので、長期間渡り美容的に大きなマイナスを背負っている状態になりかねません。

 

仮に埋もれ毛になってしまった場合には、ピーリングなどをしてお肌のターンオーバーを促す方法がありますが、お肌の負担は大きいです。